今日も風呂後トイレに行った

※実際はシャワーばかり浴びるし、身になる話は何もない

やっと帰宅した

今日したこと日記129。
昨夜は風呂上がりのリファカラットののち多分0時半ごろ寝落ちしていた、今朝は7時に目が覚めてそのまま起きてインターネットをして遊ぶ。昼から友人の仕事の相談に乗る約束があった。婚約者を身支度をしてまずは腹ごしらえをすべくカフェへ。サンドイッチを食べながら相談の準備をする。電車に乗る時間になったので駅へ、乗り込み、座ってからまた相談の準備。終わってからぼけっと外を見ている。待ち合わせの駅に到着し合流。お店に入って食事もそこそこに本題へ。今回はウェブおよびビジネスの相談ということだったがビジネスの話だけで終わってしまい、そちらもいい解決策を考えてあげられず、不完全燃焼で終わってしまったのではないかと心配する。友人のウェブの話も聞きたかったのだけど話を変えるタイミングや、うまく話を変えられても子どもの世話もかなりしていたのでもしかしたらじっくりは聞けなかったのかもしれない。どうしてあげられたらよかったんだろう。解散してから100円ショップへ行き、通りがかりに見つけた服屋で服を買ってしまう。なぜか急に店に入り、急に試着し、買ってしまった。独立して3ヶ月、本とかネイルとか服とかほとんど買っていなかったし、昨日お金を使ったので少したがが外れたのかもしれない。久しぶりにただ自分のためだけにお金を使うのは楽しかった。
歩き疲れたのでカフェで休憩。「となりあったマンションの2部屋を借りて、片方でお母さんがお茶飲んだり好きなDVD見たりできて、そのとなりの部屋で保育士さんがお子さんを見てくれて、1~2時間休ませてあげられるサービスをやりたいよね」と話す。私たちは何年か後には使い切れないほどのお金を得るのだけど、それを使ってワンオペ育児をしている人のためになることができたらいい。
岐路。乗り換えで使う駅に行き、少しだけパーツ屋によらせてもらい購入。昨日オーダーがあって、そのパーツを追加した。オーダー時のコメントに着用画があったら嬉しいとあったので、今月中に全部用意できるように準備する。明日撮って、明日アップしてお知らせしたい。ひとりがそう思っているということは他にもそう思っている人が当然いて、そしてわざわざそれを言ってくれるということはオーダーをもらうために絶対に必要なことなのだと思う。着用画が必要なのはわかっていたが、これがある方が売れるんだなと確信できた。やっぱり成功例? というかそれがあるとどうなるのかがわかる方が購入につながるのだろう。いいお勉強になった、嬉しい。こういうことを言ってもらえるのはすごく嬉しい。
改札を通って各々帰るための電車へ。さすがに3日間婚約者と一緒にいて、それ自体は苦でも何でもないのだけどずっと外で動き回っていたことが大変だった。この3日間すごく暑かったし、よく歩いた。元来インドアな性質なので外で動けば動くほど削れていく。金曜は家に帰っていてもよかったかも、でも家も家で暑いしノミがいるしで大変。
でっかい満月を見ながら帰宅して買ったものを開けたりしかるべき場所に置いたり領収書を仕分けする。友人に、次の作製教室のことで責任者の方がふたりのことをとってもよく褒めていたよとと教えてくれたときに、それを友人本人にお返しするのを忘れていた。前にも友人には伝えていたが、それは友人がその責任者の方にまじめに、ていねいに、礼儀正しく接していたからであって、私たちの行いは二の次だと思っている。そもそも友人があいさつをされても無視してしまうとか毎回理由なく時間に遅れるとかならず者の部類であったなら、責任者の方は私たちに会おうなんてみじんも思わなかっただろうし、私たちが段取りで何かミスをしたら「やっぱりね」という空気になったはずだ。だから責任者の方から私たちへの評価というのはそのまま友人への評価になる。素敵な人の友人はやはり素敵だし、そんな素敵な女性といい関係を築けてこれてよかった。これからも気のよい友人関係でありたい。
明日は3日ぶりに家でごろごろできる日。着用画を撮る、加工してショップにアップする、その旨ストーリーズに更新する、それとは別でインスタを更新する、たどり着ければブログも書きたい。あと涼しかったら前社に離職票を申請する申込書を送る準備もしたい。いくつかはできないだろうけどどれも今週中にやる。あとバイト探し、これすごく大事。