今日も風呂後トイレに行った

※実際はシャワーばかり浴びるし、身になる話は何もない

結局半分くらいこちらが食べてしまった


今日したこと日記22。
昨夜1時すぎ就寝、今朝は7時45分起床。友人宅でのたこパに参加すべくシャワーを浴びしたく。母からおみやげを渡されたり土曜のセミナーで使う工具を持ったり重量になれるためパソコンを持ったりと結構ボリュームある荷物になった。昨日に続き大変いい天気だったのでちゃんと日傘をさしバス停へ。先にバス停にいたおばさまも日傘をさしていたが正面から降り注ぐ太陽光に対して背中を覆い隠すように日傘をさしていたので惜しい。もう少し顔を隠すようにさすと日傘の効果があらわれると思います。あと熱中症に気をつけて。
バスに乗り、平日朝から友人の家にお邪魔して遊ぶなんて素晴らしいことだとあらためて感じた。ハンドメイドの方は今月中には形を持って動かせるはずなので、それまでは長めのゴールデンウィークということにしてゆっくりしよう。しばらくは使いたいように時間を使おう。そういえば思い出したのだが、3月に大阪に行った。京都に足を延ばして縁切りで有名な安井金毘羅宮にお邪魔し、今の会社との縁を切ってほしいこと、自分のことを好いてくれる人がまわりに集まってお金と時間に不自由しない生活との縁を結んでもらえるようお願いした。ハンドメイドの方が軌道に乗ってきたら、そのお金でお礼に行かなくては。彼氏からもらった石の方は、彼氏の方も軌道に乗ったらお返しに行く。となるとそのときには東京の神田明神へも行く必要がある、もしまだ瓦の修繕費用を募集していたらお手伝いさせていただこう。なんだかんだ(神田、うまい)で各瓦2周ずつくらいしそう。
駅へ到着、本日はたこ焼きパーティという目的の裏にキャベツ太郎パーティという黒幕も潜んでいる。絶対にすっぱいものが食べたくなると踏んでスーパーでかっぱえびせん梅味を購入。早く着いたらもう家に来ちゃっていいよと言われていたのでお言葉に甘えて15分ほど早めにインターフォンを鳴らす。かっぱえびせんを渡し、氷が入った冷たいコーラをもらい、たこ焼きの粉とボウルをゲット。「とりあえず50個かな」と言われたのでたこ焼き液づくりマシンとなり自我をなくした。粉測る、粉測る、水入れる、粉混ぜる、水入れる、液体混ぜる水入れる、水入れる、液体混ぜる、卵もらう、卵割る、卵割る、液体混ぜる、白身切る、白身切る、白身切る、白身切る、白身切る、白身切る、だまがないことを喜ぶ、白身切る、白身切る、切ってもらった葱を入れ混ぜる、切ってもらった紅しょうがを入れ混ぜる。たこパももう4回目になろうか、皆勤賞のわれわれは慣れたものでなるべく洗い物を減らし調理の手間も省くため生地に入れられるものは先に入れてしまうことにした。これかなり快適だったので今度たこパをする人がいたらやってみてほしい。生地をつくっている間にホットプレートも温まったので油をひき、生地を流す。この時点で紅しょうががかなりいいにおいを発しており食欲が振り切れる。生地を流すマシンを化す私、あとかたウインナーとたこを入れるマシンを化す友人、揚げ玉を振りまくマシンと化す友人、ウインナー入りのところにだけ正確にチーズを入れるマシンを化す友人、たこ焼きをひっくり返すマシンを化す友人と私、鳴いてかまってくれとすり寄ってくる猫をさわりたいのをどうにか我慢してひっくり返すマシンとなった私、食べ、あまりの熱さに1回口から出したくなったが口内をただれさせる覚悟でこらえたときに人間に戻った。お店のたこ焼きももちろん好きだけどこうして友人とすったもんだしながらつくるたこ焼きというのはとてもおいしい。「ここで冷たいコーラですよ奥さん」「いいねえ、たまらんねえ。あ、大葉もあるから食べて、あとゆずのタバスコ買ったの、これもおいしいから使ってみて」「たこの方に大葉かけてポン酢で食べると異常においしいね。ゆずもピリ辛でたまらんね」「ね~」これが金曜の午前10時半のできごとである。こういう時間の使い方がしたかった。始業30分前とかに会社についてとくに何をするでもなくぼんやりしたり、作業の申請書をつくったり、構成図読んだり、案件の概要を知ろうと途方もない長さの過去メールをさかのぼったり、コンフィグチェックしたり、そういうことがしたいんじゃなかったんだ。これから先ずっと、いつでも自分が楽しいと思えることをしたい。このときアンパンマンが放送されていたが登場人物の頭が乳頭を彷彿とさせるデザインだったためひとりでにはらはらする。
とりあえずたこ焼きを52個つくって第1回戦終了。生地をこぼさないように入れていたので結構余った。猫をかまったり、ニュースを見たり、今までつくったアクセサリーを見せて次につくりたいものを聞いたり、キャベツ太郎を食べたり、今日のお礼を兼ねてルルルンのパックを1袋とオバジの酵素洗顔を3つあげた。ルルルンの桜パックで毛穴が引き締まるとまことしやかな噂を聞いたので大入りで買ってみたが私の肌にルルルンがいまいち合わないのを忘れていた、ほほやあごに少し赤みが出るのである。もう少し使ってみてもいいのだが、あと3袋くらい残っているのでもし知り合いでほしい人がいたら連絡ください。ちなみにパックをあげたらパックをもらった。荷物はオバジの酵素洗顔3個分減った。
たこ焼き2回戦開始。もう生地がそんなに残っていなかったので23個くらいつくって終わった。乾燥サクラえびみたいなものもあったのでたこの方に入れてみた。揚げ玉もチーズも全部に入れた。ひっくり返しながら揚げ玉トークを挟む。「あたしね、小さいとき揚げ玉がすごく好きで」「うわわかる、私も」「えっほとりさんも?」「揚げ玉の袋持って揚げ玉だけ食べたり……」「あー!」「白米に揚げ玉かけて天つゆかけて食べたり……」「あたしもー! あたしだけかと思ってた! 嬉しい~」「今はもたれちゃってだめね、牛肉ももう全然、小さいときはあんなに鶏皮とか好きだったのに」「同じ……ささみのおいしさがしみるよね」「はほやひへきはけおあっふい」「熱そう~」
たこ焼きが終わったので空いたお皿を流しへ。猫と遊んだりしたいネイルの話をしたりお昼のゆるい番組を見て感想を言い合ったりとりとめのない話をした。友人が子どもを迎えに行く時間になったので解散、おみやげにスナック菓子をもらってしまう。荷物が増えるパターン。駅まで一緒に行き私は電車の改札をくぐる。あと1歩早ければちょうど来ていた電車に乗れていた。しかたないのでおとなしく20分待つ。ホームのいすに座っていると後ろのいすに座ったおばさまが「あの駅の某携帯ショップはだめよ、わからないことがあって聞きに行っても全然相手してくれないの。他の駅のショップの人はよかったわ、今度からちょっと遠いけどあそこに行こうかしら。買うときはあんなに愛想よくていねいに教えてくれたのに」とぷりぷりしているのを聞いて、モノを売ることもファンビジネスなんだなと実感した。自分の店でモノを買ってくれたお客が、不明点をわざわざ他店に聞きに行くというのはその店舗的には相当なダメージであろう。自分も今度そういう態度をしてしまわないように気をつけなくては。でも多分、思うだのだけど独立している人は自分は自分の好きなことをしている、楽しい」んだから基本的に余裕がある人が多かろう。私も会社員時代は島から聞こえる雑談が自分についてではないかとぴりぴりしてしたり部長との面談がある日は朝から顔面蒼白だったり家に帰ってからもそれでへこんだり怒ったりしていた。それなりに睡眠やホルモンバランスにも表れていたし、何よりからだがだめになりかけた。自分がやっていることとやりたいことが乖離すればするほど、心にかかる重圧でお客への対応が雑になってしまうのは当然のことである。その携帯ショップのスタッフも自分はこんなもんじゃない、と煮えたぎるものを持っているのかもしれない。お客の生の声はもっとも気にすべきものではあるが、店長にはスタッフの心情もおもんぱかってあげてほしい。
電車が来たので乗る。彼氏と落ち合うので待ち合わせ場所まで約2時間、うち10分くらい本を読み、他の時間はずっと眠っていた。久しぶりの電車での長距離移動、名前しか知らない駅をいくつも通過して知っている町に行くのはいつでもおもしろい。電車に乗るのが好きだ。電車で本を読むことも、眠ることも、広告を読むのも好きだ。電車は楽しい。待ち合わせ場所で下車、少し買い物をして適当なカフェへ入る。先ほど駅についてのでこちらに向かうと連絡があった。明日は待ちに待ったセミナー第2回目、自分の生活の礎をつくる場所。楽しみだ、いい日になるだろう。