今日も風呂後トイレに行った

※実際はシャワーばかり浴びるし、身になる話は何もない

スバラシティ237,859年に到達


今日したこと日記⑱。
昨夜2時前就寝、朝8時ごろ起床。シャワーを浴び、カレーを食べ、地元の役所へ。まだ雨が降っていなかったのでかつての通学路を使って歩いていくことにした。小学校のプールが、少し前までヤゴがぎゅうぎゅうにいそうなくらいどろどろだったのに5mを知らせる黒い線が見えるようになっていた。この雨は梅雨だろうか、まだ早いか、でももう夏になる。一番苦手な季節。
通学路に入る。学生時代にパン屋だったところが雑貨屋になっていたり、こぎれいな家が建ち並んでいるかと思ったら見慣れた家も多くあった。自転車通学禁止の学校だったので、男子学生は途中まで自転車で来て、近くの草むらに乗り捨てることがよくあった。自転車に乗れるのが少しうらやましかった。もういい歳になるが自転車に乗るのは苦手だ。役所までは意外と時間がかからず30分ほどで到着。今の時期、このあたりは花がよく咲いていた。それも楽しみにしていたのだがずいぶん手入れがされたらしく、花の咲く小高い山の見通しがよくなっていた。よく考えたら学校の近くにある草木が生い茂って見通しの悪い山なんて手を出したい人からすれば格好の場所なので、何か起きる前に手を打ったのかもしれない。わからないけど、もうここには昔ほどの花は咲かない。少しさみしい。
息を整えてから役所へ入る。案内係の方に要件を伝えて窓口へ。事情を話して保険が切り替わること、いくら支払うのか、どんな書類が必要か教えてもらう。気の穏やかそうな方が担当してくれたのでとてもよかった。傷病関係の方も役所でわかる範囲で少し聞く。こちらも物腰穏やかな方であれはこれはと聞いたことをうんうん言いながら聞いてくれた。結構いろいろなサポートがあるんだなと初めて知る。一通りの説明を聞いて内容整理し、部長に聞くことメモをつくって退出。次は歯医者へ。タイミングよくバスに乗れ、駅まで早く着いた。電車もちょうど来ていたので乗ってしまう。歯医者は旧職場のすぐ近くにある。旧職場の2つ前あたりから緊張しはじめ、最寄り駅で降り、軽食を取っているときもずっと緊張していた。こんな天気の悪い日にのこのここんなところまで来て、のんきにお昼を食べているのを見られたらどう思われるんだろう? 見られたところでふーんくらいにしか思われないだろうに、どうして人からどう見られるかを気にしてしまうんだろう。早く治療が終わってほしい。歯医者に行くだけでこんなに緊張するのは疲れる。このへんからもし今部長から電話が来たらどうしようとも思い始める。外では会社からの電話に出たくない。歯医者に行くまで、見ないようにしたいのについ向こうから歩いてくる人の顔を見てしまう。もし会社の人がいたら、目があってしまったら絶対に汗をかくし緊張で多少の吐き気も催すだろう。見ない方がいいのにどうしても違う人であることを確認し続けた。早くこの苦しみから遠ざかりたい。歯医者についたときに緊張が少しやわらぐ。さすがにここでは会社の人に会わないと思っているらしい。治療後、会社から離れるにつれ気持ちが落ち着く。かと思いきや、今度はいつ部長から連絡が入るかで緊張する。治療中は来なかったけど、もし電車の中で電話がかかってきたらどうしよう、何時に家につきそうか今から把握しておかないと、予定時刻よりどのくらい送れそうだったら訂正の連絡を入れるべき?
16時ごろ帰宅する。電話は来ない。安堵する、もういつ電話が来ても大丈夫。でもトイレに行ってるときに電話が来てしまったらどうしよう、こちらからかけ直す? どのくらい電話するのかわからないけど通話料こちら持ちになってしまうのは避けたい、でもトイレには行きたくなる、何時に電話が来るんだろう。ご飯食べてもいいのだろうか、作業しててもいいのだろうか、何時まで待っていたらいいのだろうか、机の上にあまりいろいろ出しておくとメモが置けないからあんまり物を出さないようにしないと……。猫をかまうときもスマホを離せなかった。予定が崩れれたり、わからないまま予定を気にして動かないといけないのはすごくいやだなと再認識する。彼氏からプロポーズの時期をずらすよと言われたときにわき上がったのはこの感覚だったか。
このまま18時半になる。19時になっても電話が来なかったら今日はないものとしてようと決め、一応ショートメッセージを送る。会議が立て続けに入っていて21時ごろ電話するとのこと。昼の時点でわかっていれば歯医者のあとパーツ買いに行けたのに、と思うけどそれはあらかじめ時間を聞いておかなかった自分のせいでもあるのでお互いさまということにする。時間がわかればこちらのものである、作業したり遊んだりブログを書いたりした。着信、簡単にあいさつし本題へ「もう1回考えたんですがやっぱり辞めようと思います。続けてもお互い楽しくないと思うので」「うーん、うんうん、そうかあ、じゃあいろいろ書類書いてもらわないといけないから水曜に最寄り駅まで行くよ」なんだやっぱり辞めてほしかったんじゃん、と思う。保険の切り替えや手当金のことでいくつか会社に用意してもらいたい書類があったけど多分会社も心得ているだろうし、会って話すときに実物を見ながらお願いする方がいいだろうし、何よりもう電話を切られるモードだったのでいろいろいやになってしまった。最悪手当金はもらえなくてもバイトするからいい。保険の切り替えだけつつがなくできればまずはそれでいい。というかゴールデンウィーク明けに21時すぎまで会社にいて、このあともまだ少し残るんだろうし、部長職って大変だな。やっぱり私には会社員は向いていない。今気づけてよかった。
少しアクセサリーをつくる。ハンドメイド用のインスタアカウントのIDを仮決めする。もう少しいいものがありそうなのでもう少し考える。最近ハンドメイド関連のことをするのが楽しくなってきた。作業もこまごまだけどできていて、今週末はセミナーもある。したい生活に少しずつでも近づいているようで嬉しい。