今日も風呂後トイレに行った

※実際はシャワーばかり浴びるし、身になる話は何もない

婚活パーティでエクセルの話をしたら#REFが返ってきた

行きたいいきたいと思っていた婚活パーティに行ってきたので概要などを残しておく。

ちなみに結果は惨敗である。誰からも興味を持たれずに、一緒に参加した、異性の過半数以上から連絡先を渡された友人とねぎしをつついて終わった。白たんはいつでもおいしい。

・人数は男女1体1で15人前後

・簡易個室で終始男女1対1のまま進む

・個室の中では廊下側に男性、奥に女性がいて男性が寿司のように移動する

・会話時間はひとり5分程度、ミントタブレットは継続する時間

・運営から渡されたタブレットで相手のプロフィールを見たり自分のプロフィールを編集できる

・全員と会話したら終わり、もう少し話したいとか連絡先交換したいなという人にカップリング希望を出してカップリングするかの確認して解散

 

反省点

・プロフィールの事前書き込みが甘い

・だからといって編集しようにも最初に相席する人が早く来たため会話が始まってしまい編集に集中できなかった、事前準備の甘さの極み

・会話時間の短い中で仕事や趣味の話など「およそほぼ全員の人がするであろう話」ばかりしてしまった、聞き上手の人に負ける

・しかもそこで相手の話を聞くことに終始して相手を気持ちよくするならまだしも、本当に普通の会話をしてしまったので相手の印象に残っていないのはかなりまずい、もう少しキャラ付けをする方がいい

・相手の目を見ろ

・相手の方にもっとからだを向けろ

・会話のタイミングがかぶってしまったときは譲る

・つまらない話は「さすがですね~」「知らなかった~」「すごいですね~」「センスありますね~」「そうなんですね~」など褒める感じの相づちで乗り切る

・その場で尊敬しろとは言わないが、なるべく「へ~っ」と思うように

・会話のテンポを合わせられていなかった

・褒められたらちゃんと褒め返す

・趣味の話もやめておく方がいいかも、「最近楽しかったことありますか?」とかにしておく

・自分のことを知ってもらうのではなく「あなたの話をもう少し聞きたいんだけどなあ」という感じを出す

 

婚活パーティなんか余裕でしょうと思っていたら結構な結果だった。

一緒に行った友人(めちゃくちゃ見た目がいい、聞き上手)の結果や実際の受け答えを聞きつつ自分の対応を鑑みればこの結果が妥当だなあと思う。なんで婚活パーティでタイピングソフトやエクセルの話をしてしまったのか。武蔵小杉駅横須賀線ホームから目黒線ホームの遠さは東海道線川崎駅と横須賀線新川崎駅と通ずるものがあるのでどちらか片方は新武蔵小杉駅にしてほしいという話をしてしまったのか。

5分という短い会話を15人分立て続けにやるのでよほどキャラが濃いとか話していて気持ちいい人でない限り相手の印象に残らない。5分以内に「この人いいな、もっといろいろな話を聞いてほしいな個人的に連絡取りたいな」と思わせられないといつまでたってもどうにもならない。

友人との反省会をしつつ、その後オブザーバーも交えて次回への対策を考えたところ、そもそもの個別形式が自分の性格や見た目にあまり合っていないということがわかった。多分大人数のパーティ向きなんだと思う。大人数パーティでもだめだったら根本的にコミュニケーションが下手ということである(コミュニケーション下手だけど)。

しばらくコミュニケーションスキル磨きのために婚活パーティに通ってみようと思う。特訓あるのみ。